神前式の費用

a ancient gate

神前式にかかる費用ですが、どれくらいかかるのか気になりますよね。
東京で神前式を行う場合、神前式の挙式そのものにかかる費用は初穂料のだいたい10万円からですが、それ以外の費用を考えるとどれくらいになるのでしょうか。
この神前式に必要な初穂料、いわば謝礼金ですが、東京では神社の場合はだいたい10万円から、ホテルや結婚式場の場合は5万円から、と考えておくといいかもしれません。

衣装にかかるレンタル料は、とくに花嫁は選ぶ衣装の種類によって価格が変わってくるので、自身の希望とお財布事情を上手にやり繰りして選びましょう。かといって、それほど違うわけではないのですが。
基本の白無垢は20万円弱、色うち掛けは25万円、引き振袖は30万円程度がレンタル料の相場になるようです。
男性の羽織袴はだいたい6万円から10万円ほどで、二人合わせて30万、35万円くらいが平均になるのでしょうか。
女性は和髪の場合はカツラのセットなど3,4万円、洋髪なら1万円程度へアセットにかかり、メイクもあわせると1万円プラスぐらいになります。
神社で挙式をする場合は、東京ではカメラマンが神社と提携しているところになることも多いでので、すこし高めに見積もっておくといいかもしれません。
東京などの神社では、神殿に向かうまでの花嫁行列にも別途移動費用がかかる場合もあります。また、披露宴を行う場合は、披露宴会場までの移動に必要なタクシーやハイヤーの代金も計算に入れておきましょう。