couple wearing black kimono

神前式とは

gate of pagoda

多くの若い女性の憧れである結婚式。
結婚式はきれいなチャペルで、真っ白なウェディングドレスで、ビュッフェパーティーの披露宴、なんて考えている人も多いでしょう。
たしかに、真っ白なドレスは多くの女性の憧れ。男性でも、好きな女性のウェディングドレス姿なんて、ぜひ見てみたいという人はいますよね。
キリスト教式の挙式が一般的になっている現代ですが、近年和風ブームなどに乗って、神前式での挙式も注目を集めているんです。
年々数が少なくなり、東京では神前式を挙げた知人がいる、という人もほとんど聞きません。でも、神前式には日本ならではの魅力がいっぱいあります。

神前式は、大正天皇陛下が神道をもとにして神社で行われたことをきっかけに、だんだんと国民の間で広まってきました。
神社で行うものだと知られていますが、神社だけではなく、ホテルや結婚会場などでも神前式の挙式ができるところが東京にもたくさんあります。
神前式の衣装は、女性の場合は白無垢に綿帽子もしくは角隠しを付けることが一般的ですが、最近の東京では色や柄の種類も豊富な色うち掛けや、黒以外の明るい色の引き振袖なども人気が出ています。
厳かな神社での玉串奉納、三々九度の盃や、巫女さんの舞や艶やかな雅楽の演奏。こうして並べてみると、日本人ならず和風好きにもかなり魅力的ですよね。
東京では神社と提携している結婚会場などもあるので、挙式、披露宴など場面によってうまく利用するといいかもしれません。

和と洋の結婚式

a ancient architecture house

国際化が進む中、さまざまなかたちの結婚式を見かけるようになりました。今では日本でもキリスト教式が主流で、神前式や仏前式が減ってきた分、人前式やフォトウェディングなど、時代に合わせたさまざまな式が見られます。

この記事の続きを読む

色々な神前式

outdoor of the house

神前式で挙式をするといっても、披露宴をするかしないか、参列者は親族のみか何人呼べるのか、神社で行うかホテルで行うか・・・など、選べるプランは尽きません。花嫁・花婿の衣装も悩みどころですね。

この記事の続きを読む

神前式の費用

a ancient gate

神社で神前式って、なんか高そう・・・。神社で式を挙げる場合やホテル・結婚会場で挙げる場合、かかる費用はどれくらい違いがあるのでしょうか?衣装レンタル代に披露宴のお食事代、神社なら玉串料も奉納しなければいけませんよね。

この記事の続きを読む